助けあいジャパン

June 28, 2007

さーずでい

ライブ直後のフワフワ感から一転、多忙な日常に埋没しつつある。昨日(水曜日)は日英の医学部学生のコラボ講義。約2時間英語をまくしたてシミュレーションPBL。最後の方は日本語と英語がごっちゃまぜになり多少混乱したけど(爆)、最後までテンションの高さを維持してくれた学生たち、うんうん、ご苦労さまでした。彼らの生まれた年ってのが僕らが大学の医学部を卒業した年1982年なんだよね、時間の流れを感じる(笑)。夕方は病院に戻り残りの仕事をして、7時からジム&プールへ。実はちょっと考え事があったんだけど、1000m伸びまくって泳いだら、結構すっきりした。

今日は今日で、忙しすぎてイロイロあって、そんでもって「なんだか訳のわからん」一日。やっぱ木曜日は,,,(爆)。

June 25, 2007

ライブ後の虚脱感

から、立ち直るまでに通常数日かかるんだよね。心の芯がふわりふわりしていて、ライブの出来事がまるで夢の中の出来事みたいな感じがする。今回のライブはPAの問題とかイロイロあったわけど、僕自身は楽しめたと思う。その意味では達成感、充実感のあったライブでした。

くはー

Live @ TMD on June 23, 2007


6月23日土曜日。梅雨の真っ只中にもかかわらず、真夏日のぴーかん晴れ。ハックルおじさん+かおる姫(今回よりマネージャーに昇格<笑)は、2時に秘密基地「さくら」に集合。最終打ち合わせののち、ライブ前のお約束の「ユンケル」で乾杯し(爆)、タクシーにて渋谷シダックスヴィレッジへ。車内はいつものくだらない冗談とおやじギャグ満載で、いやがおうにもテンションが高まります。

いいハコですね、Tokyo Main Dining。場所もいいし雰囲気も最高です。NYのチェルシー辺りのコじゃれたレストラン風。天井が高く、円形のステージは明るくて気持ちがいい。僕らは10分くらいしかリハが出来ず、PAに不安を残しながら「待ち」に入ります。やたらのどが渇いてミネラルウォーターを1Lくらい飲んでしまいました。ビールじゃないところがエライっ!じっと我慢です。

さて、6時半開場。お客さんたちが入り始め、ライブ会場の雰囲気が華やいだ空気に満たされていきます。このライブ前の昂揚感・緊張感・・・

7時にNPO発会セレモニー開始。出番を勘違いしていた僕らは、突然司会にコールされてあわててステージへ!これには驚いた。進行表とちがうじゃん!

開始直前に友人SHIDAX社長の志太さんが登場したのには驚きました。彼の心遣いに感謝!

①携帯電話のなかった時代
②春の嵐に
③涙の桜貝
④だうんたうん・だうん

ここで本日のサプライズ・ゲストの「泉ちゃん」こと二俣泉先生がステージに登場し、バイオリンとのコラボ3曲

⑤月光恋歌(moon)
⑥砌橋(みぎりばし)
最後に今回のライブのための新曲
⑦TOMOSHIBI

ってな感じで進行しました。PAのバランスが悪かったこととモニターが途中まであまり聴こえなかったことで、やりづらい面もありましたが(これ言い訳です、笑)、僕らも十分楽しんで演奏することができました。それにしても気持ちのいいステージでしたね。

自分達のライブ終了後は、会場の人たちと歓談してあっという間の3時間でした。ビールのおいしいこと!食事もおいしかったみたいで皆さん満足してくれたみたいです。

来てくれた皆さん、ご来場どうもありがとうござましたっ!秋には自主ライブを予定していますので、お楽しみに!!Thanks, one & ALL!

Special Thanks to(以下、順不同):
おちよさん&スタッフ、志太さん、トシピロ夫妻&ケイイチロー夫妻、梅田先生、律子先生、まさえちゃん&お友達、タカハシさん、中嶋ナース、さやかさん&ご友人、香月よう子さん&ぼーや、佐藤淳ちゃん&(新しい)奥さん、むつらさん、ちゅっちゅさん、Tamutamuさん&ご友人、安西さん&絵里子ちゃん、Liz. & Ed., 柳沢先生&みどりさん、内藤くん夫妻、常見さんご夫妻、ウクレレ社長&彼女、かみさん&お友達・・・et al.

June 20, 2007

うぇんずでー

ふふふふ。先日水曜・木曜はどうもイケナイ…っていう日記を書いたけど、今日はいい感じ。ナンなんだろうな、異様に激務なんだけど、バランスが取れているっていうか、自分らしく動けているっていうか、まあそんな感じです。お蔭様で(笑)

朝から入院2件、外来もカルテ山積み状態。そんな状態でイギリス人学生とディスカッシンしつつ病棟回診。昼食をかっこんでデスクに戻り10分間の瞬間睡眠。しっかりモードをリセットして、往診2件。病院に帰ってから午後回診。4時半からちょっと気が重い面談だったんだけど、それもすんなりと完了。うん、まずまずの流れて今に至る。

週末のライブに向けてテンションを高めていこうっと。今日はこれからジムに行って、家では頂き物の「薩摩示現流」をチビチビやるつもりっ!

June 19, 2007

日記ってこと

このブログ立ち上げてから数ヶ月。ふむ、読み返してみると結構書いてるな。日記を書く習慣はここ10年くらいなかったから、自分で驚く。アメリカとニュージーランドで生活していたときにはほぼ毎日書いていたんだけど、これは日々起こる出来事を記録しておきたいっていう意味。でも、普通の生活をふつうに記録しておくってのも悪くはないな。その意味では、さとなおさんはスゴイな。

さて、17日の日曜日は、WRスタジオにて最終リハーサル。多少気になるところを残して練習終了だったけど、ま、ライブってのは乗っちゃえば行けるでしょう!その意味ではテンションをいかに高められるか?ってポイントだと思う。練習終了後は「さくら」にて打ち合わせ。夕食はじょうじ君と回転寿司。驚くほど安かったね。凹んだり盛り上がったり・・・じょうじ君は「ひろしの店」に行くとのことで、そこで解散。

18日も多忙を極める。夕刻から理事会でぐったり疲れて帰宅。月曜日はジムに行く日なんだよぅ!さすがに夜10時から泳ぐ気にはなれず、時代屋でひさしぶりに飲んで帰宅。
今日19日は手術日でばたばた。ま、これは想定内。これから医師会の夜のお仕事(宴会、ああ!)

そんなこんなで今週も過ごして23日のライブ当日になっちゃうんだろうなぁ・・・これも想定内、だけどさっ。

June 16, 2007

ライブまで1週間!

くはー、気持ちのいい一日。昨日のなんとなく「どんより気分」とはうって変わり、朝6時にすっきり目覚めてハイテンションの自分を自覚する。週末のワクワク感。午前中は仕事で走り回り、午後は次女の大学の父兄会。最近の大学ってのは父兄会があるんだね。終了後、我が町神保町を散策して、何冊か本を購入。放心亭でビールを飲みながら小説を読む。リフレッシュの土曜日!明日はライブの最後のリハ。

June 15, 2007

Up Downな日々・・・

超多忙。それはいつものこと。でも木曜日ってのは、どうもイケナイ、最近。昨日は一日不安定な雨空で、それを投影していたような、そんな心境。心の軸がふわりふわりしていて落ち着かない感じ。

月曜・火曜とテンションが上がって、水曜でばたばた、木曜でぐったり、金曜で持ち直して、土日に仲間と過ごして開放される・・・。この1ヶ月はこのパターンが定着(笑)。ま、メリハリがある生活っていえなくもないけどね。

ま、何が原因なのか?っていう本質的な問題が自分で解っていないっていうことが一番問題なんだけど、このところの状況が、過去の辛かった(?)記憶をフラッシュバックさせていて、あたかも追体験してるような感じといえなくもない。でも全然「辛く」はないんだけど、そんな自分に「困っている」のは確かだな(くれぐれも誤解しないでね>これを読んでいる人たち)。

だから、考えることをやめようと思えば思うほど考えてしまうし、
いろんなことを忘れようと思えば思うほど、忘れられなくなってしまう
・・・そういうふうに、人間の脳のシステムは出来ているんだな

うむ、今書いていて自分でわかったんだけど、「自意識」の問題なんだな、コレは。自分以外の人に目が向く以上に自分に対する意識が高まっているわけだ。自己憐憫と自己欺瞞と自己嫌悪・・・。とにかく、今はこの状況をやり過ごすことしかできないんだけどね。SSRIのお世話にならずに>さくちゃん(笑)。

さあ、ジムにいって泳ぐかな?・・・って休館日じゃん、今日は。

やれやれ

June 13, 2007

多忙・充実・弛緩・・・

午前は外来、イギリスの医学生2名のオリエンテーション、病棟回診、救急車の対応などなどで、走り回る。15分で昼食をかっ込んで、彼らを連れて大学へ。大学にて今度は日本の医学部学生の臨床実習。日英の医学部学生のコラボを90分間みっちりやる。クラスの終了後、病院へ戻りミーティングにてスピーチ1本、自分の部屋に戻り溜まったペーパーワークなど。7時半に出てジムへ直行。今日はフリーで25本(750m)で伸びまくってから、サウナとジャグジーで至福の時。すっごい密度の濃い一日だったな。

そういえば、僕の入っているスポーツクラブ。受付の女の子(みんな爽やか美人なのさ、例外なく<笑)って、中に入るときに渡したカードをコンピューターで読み取って、「いってらっしゃいませ、##さま」、出るときに「お帰りなさい、##さま」って言うんだよな。ま、これ一般的なスポーツクラブの挨拶なんだけど。

で、テンションの高かった今晩も、出るときに「お帰りなさい」って言われたので、わざと大きな声で「ああ、どうも、ただいま!」って言ったら、引きつってたな、女の子が。おやじギャグ炸裂(爆)。

朝の目覚め

若い頃と違って、最近は、ばちっ!とすっきり目覚められようになった。多分血圧のmorning surgeなんだろうな。昔は眠くて眠くてのた打ち回って起きてたのにね。この季節、日の出が早くなると目覚めの時間がどんどん早くなって、昨夜は医師会理事会で遅くまで会議だったのに、帰宅してシャワーを浴びてちょっと呑んで、23時ころに即爆睡(笑)。今朝なんか5時前に起き出してしまった。このパターンで今後も続けられれば悪くない。憧れの朝型生活(爆)。朝は気持ちが前向きでドーデもいいこと考えずに仕事ができるものね。あ、でも、夜が明けちゃうと詩は書けないな、僕は(笑)。

昨日からイギリス人の学生2人の実習受け入れが開始した。タダでさえ忙しい状況なのによくやれるね、と皆に驚かれるが、僕的にはそんなに大層なことをやっている意識はないんだけど。ただ、日本語と英語で一日中話していると、多少頭の中が混乱してしまうのがストレスといえばストレスなのかな。

今日は午前中に外来をやって、午後は大学で学生に講義、日英の学生のコラボが楽しみだ。夜は泳ぎに行けるかな…?

June 11, 2007

月曜には

わりとテンション高く始まるのですね、いつも。

明日からイギリス人の弟子(医学生)が7週間の予定で僕のところに来るので、その準備。僕自身、アメリカ、ニュージーランドで素晴らしいボス達から薫陶を受けたから、その恩返しみたいなもの、かも。
彼らが日本の生活をエンジョイできるように、最大限頑張るつもり。

夜は8時過ぎから、フリー20本500m、ブレスト10本250m、伸びまくる快感(笑)。
さあ、今週もがんばろっ。

June 10, 2007

週末っ!

昨日、今日とみっちりとスタジオ練習。音楽の世界に浸っている幸せ。昨日は練習後に前後不覚になるまで呑んでしまった(ちょっと反省<笑)。やっぱり日ごろのストレスがあるのかね。二日酔い気味で今日はスタジオ入り。水を1Lくらいのんでやっと正常の状態になった(爆)。ライブに向けて大体のラインは固まってきた感じ。プロならば連日のリハーサルなんだろうけど、僕らは週末のみでなんとか間に合わせるわけだけど。次回の週末、あと一回の練習でまとめることになる。今度のライブも楽しみたいな。

午後、ちょうどスタジオ入りしている時間にFMサルースのオンエア。新しいラジカセのタイマーをセットしてたんだけど、帰宅してチェックしてみたら録音できてない(涙)。リアルタイムで聴いていたかみさんは、「わりとよかったんじゃないかな・・・」とのこと。うんうん、そーかそーか。そんなこともあるかと、DANに録音を頼んでいたので、MP-3で送ってもらおうっと。

充実の週末、でした。

June 8, 2007

こみゅにけーしょん

自分の言葉で「伝えたいこと」を「伝えたい方法で」「伝えたいときに」過不足なく誤解のないように人に伝えるっていうのは、きわめて難しいことだ。その「伝えたいこと」が、伝えたい人に「どのように伝わるか?」ということを考えても、大体思ったとおりになったためしがない。自分の外に言葉が出て行った瞬間から、言葉そのものが動き出して、勝手にいろんなイメージのカオスの中で踊りだしちゃうから。

やれやれ

June 7, 2007

携帯メール

ってのが僕は苦手。パソコンのメールは全然苦じゃないのにね。今まではauの cメールで「今から帰る」とか「晩ご飯は何?」くらいの長さのメールを、家族間くらいしか使ってなかった。

「今、自由が丘」>「納豆1、牛乳1(買ってこい)」>「ラジャ」 って感じ(笑)

最近、cメールで頻繁にメールをくれる人がいて、ちょっと当惑してる。返事をするのに携帯のボタンでは文章が打ち辛いし、それに必然的に短い文章なので、意味が十分伝わりきれないもどかしさがある。絵文字も使うけど、これもいい面と悪い面があるよね。話が込み入ってくると「心理戦」みたいな様相を呈してくるしね(爆)。わかる人にはわかるでしょ。

だから、今の若い人たちのコミュニケーションツールとしての携帯メールは、昔なかったような新たな誤解とか勘違いとかが簡単に起こりえるんだろうなって思った。娘たちに聞いてみよっと。

June 6, 2007

ライブ衣装

先週とはうって変わり、このところわりと平穏な日々。いろんな意味で。この落差に戸惑ったりしている。

おお、そういえば23日のライブももうすぐ。週末は練習やら打ち合わせやらで忙しいだろうから、今のうちにステージで着る衣装を調達しなくちゃと思い、昨日は仕事場からの帰り道に、以前から気になっていた自由が丘のブティックに行った。ワリと僕好みのアメリカンカジュアル(っていうんだろうな、よくわからんけど)の服があるの店。この歳になると基本的にコンサバになるというか、あまり変化は望まないし、流行を追う気にもなれない。結局は若いころとおんなじ格好になっちゃう。いわゆる、おやじファッションがNGであることはもちろんなんだけど、「ちょいワル」系は大嫌いだし、ブランド系は性に合わない。ということで、雨家事じゃない、アメカジになるわけですね。一番気楽だし落ち着く。

通常、僕らのステージってのは「いつもの格好」でやるわけだけど、今回のライブの場所を考えると、少しはエエ格好したいわけですね。でも、「普通そうに見えてお洒落する」ってのは結構難しい。

店員のニイチャンと相談して一式(といっても上だけだけど)揃える。ちょいイメチェンかも(爆)。どうせカミさんと娘達に見せても、オチョクラれるだろうから、ライブ当日まで封印(笑)することにしょ。ちょっと高いけどわりと僕好みのアイテムがある店なので、これからはココで買おうかな、と思ったりして。

自由が丘 Flat Head

June 4, 2007

苔の話

子供の頃から、僕は何故か「苔」地衣類が好きなんだよね。大きな木の幹の根本とか、靄のかかった木立の下にひっそりとある苔。草原の緑より苔の深い碧が好きなのだ。自己主張はしないけれどしっかりとした意思がある。儚い存在のようで結構シタタカな、生命のため息・・・。

ウチのささやかなテラスのガーデンで、一昨年作った寄せ植のハンギングを植え替えようとしたら、その土の表面に結構立派な苔があったので、少し前に平皿の鉢に薄く水を張って植えていたのです。朽ちた根や小さな石塊も置いてちょっとした「盆栽」的なものにしたいな、と秘かに思ってたの・・・

ところが、今日帰宅してテラスに出てみたら、むむむむ。テラスが妙に綺麗。あ、かみさんが掃除したんだな、と思いつつ、「僕の苔箱庭」を見ると・・・ソレがない。

かみさん曰く「え、あれって使わなかった土盛りじゃなかったの?どろどろで汚かったので一緒に捨てちゃったわ!ごめんね!」だと。

とほほほほ。田舎育ちの彼女にとって「苔」ってのは別に美しくも何ともないものなんだろうな。若い頃だったら絶対に喧嘩になったであろう状況だけど(笑)、「なははははは・・・」と力なく笑って、肩を落とした僕でした。

今夜はフリー20本500mだけのーんびりと泳いで上がり、サウナでリラックス。最近の経験上、週の初めにジムに行くのが、その週を乗り切るのに調子がいいみたい。

FMサルース+ライブ練習

昨日はFMサルースの「サルース・ファミリーテーブル」という日曜日午後の番組にお呼ばれ。パーソナリティの香月よう子さん、活発で聡明そうな美人。すごく家庭的なスタジオで、スタッフの方々ともすぐにタメ口で話す。おじさんは図々しいのだ(笑)。今日のゲストの川添さんにも紹介されCDをお渡しする。彼はRock Dadという雑誌(Mook)の編集長。おやじバンドについて面白いお話を聴く。

生放送本番終了後、早速来週分の収録へ。香月さんのリードがうまいせいか、すごく楽しいトーク。今度のライブの告知もさせていただく。「携帯電話のなかった時代」をかけてくれた。次週の放送が楽しみだ。番組は日曜の12時から14時。FMサルース(84.1)お聴きくださいね!

収録後、田園都市線に飛び乗り、巣鴨WHite Road Studioへ。今回のライブの秘密兵器(爆)との初のセッション。すばらしく強力な助っ人。聴いてくれるひとも楽しんでくれるといいのだけれどね。終了後反省会を兼ねて「さくら」、夕食は近くのお蕎麦屋さん。なかなか良かったです、ここんちも。

充実・充電した週末。さあ、今週も頑張ろう!っと。

June 2, 2007

ああ友よ(爆)

昨晩、ある詩を書いてその原詩をじょうじ君にメールで送信。センチメンタルな切ない言葉の世界。ふふふ。Bad FingerのSweet Tuesday Morningの路線で歌になったらいいなと。

現実と詩の世界ってのは作者の与り知れない部分がある。もちろん書いているのは間違いなく僕なんだけど、あくまでも仮想空想の世界だから。でも、きっとある部分誤解するかもな・・・と思って送信したんだけど、今朝一番でじょうじ君から予想通りメールが来た←あぁ、友よ(爆)、大丈夫だよん。心遣い感謝してます(笑)。

さあて、仕事も片付いたし、これから週末土曜日夜の部に出発します。
るんるん

June 1, 2007

さあ週末っ!

怒涛の一週間だった。でもこの週末も忙しい。明日は講演会の座長をやって、大学関係のパーティ。同時刻にやっている別の同窓会に、二次会から出席の予定。たぶん帰宅は深夜になるんだろうな。でも旧友と会えるので楽しみ。
日曜はライブのスタジオ練習の予定だったけど、急遽FMサルースの収録が入った。打ち合わせと収録をしてから、巣鴨のスタジオ入りか?この忙しさは、うれしい悲鳴だ。
There was an error in this gadget